県漁業協同組合連合会(國吉眞孝会長)の役員推薦会議は19日までに、6月の定期総会に提出する次期役員候補者(理事9人・監事3人)を固めた。会員漁協以外からの専務理事候補として、県漁業無線協会事務局長の東江芙佐人氏(63)が選ばれた。定期総会と理事会で正式に決まる見通し。

東江芙佐人氏

 理事候補には八重山漁協組合長の上原亀一氏(53)の名も挙がっており、次期会長就任が最有力となっている。

 6月22日に開かれる定期総会と理事会での投票を経て、次期役員が決まる。

 東江氏は沖縄国際大卒。1975年、県漁連に就職。総務部長、事業部長などを経て、2008年から現職。