【平安名純代・米国特約記者】米国防総省のウォレン報道部長は18日(現地時間)、記者団に対し、ハワイ州で17日に起きた海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの事故後も、沖縄や日本でのオスプレイ運用計画に変更はなく、飛行を継続する方針を示した。

 ウォレン氏は事故について「(海兵隊の職務が)平時でも危険であることをあらためて明確にした」と指摘。「日本での飛行を調整する計画はない。沖縄での飛行に変更を加える予定はない」と述べ、横田基地への空軍仕様のCV22オスプレイの配備予定にも影響はないと強調した。

 海兵隊も18日、事故原因究明には数カ月以上かかる可能性があるとする一方、ハワイで事故機が参加していた訓練を予定通り21日まで継続すると発表した。