【平安名純代・米国特約記者】米ワシントンを訪問中の県議会野党会派「沖縄・自民」は14日、米海兵隊トップのネラー総司令官と面談し、米軍機事故や嘉手納基地での旧駐機場使用やパラシュート降下訓練などの問題について改善を求めた。米軍普天間飛行場の早期返還も求め、日米と沖縄を交えた連絡協議会の設置も提案した。