県内の生乳生産量が減少していることから、県内21市町村の小中学校の一部で22、29の両日、給食の牛乳が生乳から成分調整された加工乳に変更される。