72年前の沖縄戦で「集団自決(強制集団死)」が起き、85人が犠牲になった読谷村波平のチビチリガマが荒らされた事件で、器物損壊容疑で逮捕された本島中部に住む少年4人の一部がガマへ入った理由を「肝試し」「心霊スポットに行こうと思った」と供述していることが16日、嘉手納署への取材で分かった。