沖縄防衛局による米軍嘉手納基地、普天間飛行場での全機種を対象とした24時間の飛行調査で、日米の騒音規制措置(騒音防止協定)に反する飛行の実態の一端が明らかになった。防衛局は今後も調査を継続する方針で、来年4月には年間を通した運用実態が数字で示される。