米政府や米海兵隊などに基地負担軽減を直訴するため訪米していた県議会野党会派「沖縄・自民」の県議団が16日夜、帰国した。中川京貴団長らは那覇空港で報道陣の取材に応じ「米側のしかるべき人物に、日米安保を認める立場から基地負担軽減を求める声を直接届けられた」と成果を強調した。