本島中部の沖縄そば店主とそば好きの15人で昨年2月に結成した「てんの会」(代表・玉城芳信うゎちち店主)。 沖縄市泡瀬地区の近辺はそば屋が多く、店主同士も親交があった。現在は毎月第1月曜日に模合を行い、仕込みや仕入れなどの情報を交換している。 模合ではマニアックな会話が多いという。