名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前に16日、愛知県の金城学院大学の学生12人が授業の一環で訪れ、座り込みの市民らに米軍基地問題について聞き取りした。