沖縄地方は16日、台風18号の影響で海上はうねりを伴った高波が続き、午後9時時点で沖縄本島地方と宮古島地方に波浪警報が発表されている。17日昼すぎまで高波が予想されている。 那覇では16日午後0時43分に15・6メートル、宮城島では午後5時13分に16・7メートルの強い風も観測された。