国会に解散風が吹き始めた。今回は風だけに終わりそうにない気配である。 安倍晋三首相が今月28日召集の臨時国会の早い段階で、衆院の解散を検討する意向を与党幹部に伝えていたことがわかったからだ。臨時国会冒頭での解散も選択肢に入っているようだ。 自民、公明は具体的な選挙日程をすでに想定している。