「何も心配することはない」。7月25日に亡くなった、剛柔流範士十段で県指定無形文化財「沖縄の空手・古武術」保持者の比知屋義夫氏(享年87)は、3月の取材で沖縄空手の将来についてこう言い切った。