沖縄気象台は20日午前11時、沖縄地方の梅雨入りを発表した。平年より11日、昨年より15日遅い。

沖縄地方が梅雨入りし、雨の中、足早に横断歩道を渡る通行人=20日午後3時55分、那覇市久茂地(長崎健一撮影)

 気象台は向こう1週間、曇りや雨の日が多くなることから梅雨入りとした。ただ、6月15日までの天候は平年に比べ曇りや雨の日が少ないと予想している。降水量は平年並みか、平年より少ない見込み。

 梅雨入りのニュースを聞いた那覇市の会社員、仲嶺あいさん(40)は「ジメジメするのは嫌だけど、水源確保のためにはしょうがないですね」と話した。