国連加盟国の人権状況を審査する国連人権理事会の普遍的定期的審査(UPR)作業部会で、米国に対する審査の各国報告に、先住民族の自己決定権の尊重や自治、権利を守ることを促す文言が盛り込まれた。