【名護】琉球大学1〜4年の学生11人が16日、市嘉陽の美ら島自然学校(旧嘉陽小)で、周辺地域に自生する稲科の植物「マコモ」を使ったお茶の商品開発に挑戦した。同大地域創生特別講義「地域プロジェクト実践」の一環。