沖縄市内で昨年12月、無職男性(67)がひき逃げされた事件で、県警は21日、在沖米海兵隊キャンプ・コートニー所属の男性少佐(41)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(救護義務違反、事故不申告)の容疑で那覇地検に書類送検した。県警によると少佐はこれまでの調べに対し、「怖くなって逃げた」などと容疑を認めている。

 調べによると少佐は昨年12月4日午前5時ごろ、沖縄市美里の県道75号で、胡屋交差点方面からうるま市方面へ進行中、前方を走る原付バイクに接触、転倒させたが、運転手の男性を救護せずにそのまま立ち去った疑い。男性は当時、意識不明の重体だったが、現在は回復傾向にあるという。

 県警によると、少佐は自宅のある牧港補給地区からの出勤途中に事故を起こした。日米地位協定によると米軍人による事故が公務中の場合、第1次裁判権が米側にあるため、その裁判権が放棄されない限り、日本側は起訴できない。今回も公務中の事案だと判断されれば、不起訴となる見通し。