世界自然遺産登録を見据え、県環境部が検討している県希少野生動植物保護条例の素案に、希少種の生息地での開発行為を許可・届け出制にして規制する「保護区」制度が盛り込まれていることが18日までに分かった。