名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は18日、台風前に避難させていたクレーン付き台船など作業船7隻を現場海域に戻した。抗議した市民の船2隻、カヌー9艇が一時、海上保安官に拘束された。 市民の船のうち、作業船に近づいた1隻は臨時制限区域外の外洋で拘束された。