1968年の米軍占領下、沖縄の人々が初めて投票で行政主席を選んだ主席公選。沖縄タイムスはひざをつき投票用紙を記入する男性の写真を掲載、自治権拡大を待ち望んだ姿とした。当時、名前は報道されず、昨年、資料として別の場面を掲載したところ、沖縄師範学校の元教師・嘉数弘栄さん=享年(93)=と分かった。