やんばるの豊かな森を走ったり、歩いたりする「第3回国頭トレイルランニング大会」が12月12日、国頭村森林公園などで開かれる。6月1日から参加申し込みが始まるが、環境負荷を抑えるため人数は1570人限り。前回は締め切り前に定員に達しており、大会事務局は早めの申し込みを呼び掛けている。

大会参加を呼び掛ける国頭村の宮城久和村長(左)、企画商工観光課の知花靖課長=21日、沖縄タイムス社

 トレイルランは豊かな自然を生かし、山や森の整備されていない道を走るアウトドアスポーツ。21日に沖縄タイムス社を訪れた国頭村の宮城久和村長は「やんばるの大自然を満喫してほしい」と語った。

 申し込み締め切りは9月30日。種目と制限時間、定員は▽19キロの部=4時間半(個人500人、団体2人1チーム40組、団体3人1チーム30組)▽12キロの部=3時間半(400人)▽トレイルウォークの部(8・8キロ)=3時間半(個人500人)。

 1人当たりの参加料は19キロ・12キロの部が6千円、トレイルウォークの部が3500円。問い合わせは大会事務局(スポーツツーリズム沖縄内)、電話0980(53)6607。