【名護】22日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では、基地内に入る車両を止めようとした新基地建設に反対する市民らが、沖縄県警に排除された。午前9時半ごろ始まった集会では、ヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表が「海上での過剰警備を否定する佐藤雄二海上保安庁長官に抗議することを検討している」と話した。

 一方、辺野古の海上にスパット台船はなく、ボーリング調査は行っていない。辺野古崎付近で沖縄防衛局の作業船数隻が出ているが、作業内容は確認できていない。