金秀グループ(呉屋守將会長)は22日発表した2015年3月期連結決算(11社1事業協同組合)で、売上高は前期比1・7%増の1007億700万円で過去最高を更新した。経常利益は31・6%増の23億7900万円で3期連続の増収増益となった。

 当期純利益は179・6%増の18億300万円。主要事業のスーパー事業やリゾート関連事業で売り上げを伸ばした。純利益は、前期決算で計上した組織再編に伴う特別損失が減少したことから、大きく増加した。