若い音楽家たちの奏でるさわやかな音色がタイムスビルに響き渡った。24日に開かれる第21回おきでんシュガーホール新人演奏会を前に、出演者によるミニ演奏会が22日、那覇市久茂地のビル1階のエントランスで開かれた。

ミニ演奏会でしっとりとした歌声を披露する北園あかねさん(左)とチェロの藤原秀章さん=22日午後、那覇市久茂地のタイムスビル1階エントランス

 グランプリを受賞した藤原秀章さん(チェロ)や、優秀賞を受賞した北園あかねさん(ソプラノ)、宮永霞さん(ピアノ)らが出演し、「芭蕉布」や「えんどうの花」などを披露した。来場者は目を閉じたり体をゆらしたりしながら、聞き入っていた。

 カルチャースクールの帰りに演奏会に立ち寄った那覇市の70代の女性は「すがすがしい演奏でとても素晴らしい。若い才能を応援したい」と笑顔を浮かべた。

 演奏した藤原さんは「本番では、感情にあふれるチェロ協奏曲を披露し、お客さんと一緒に感動できるような演奏をしたい」と意気込んだ。

 第21回おきでんシュガーホール新人演奏会は5月24日午後3時から南城市文化センターシュガーホールで開かれる。問い合わせ先は同ホール、電話098(947)1100