心臓に残った微小な穴を、カテーテル(細い管)を使って閉じることで、片頭痛の症状を改善させる治療を6月から始めると岡山大病院のチームが21日発表した。 岡山大病院によると、片頭痛は薬物療法が中心で、今回の治療法は国内初の取り組みという。