翁長雄志知事は22日夕、沖縄県庁で会見を開き、大型MICE施設の建設地を沖縄本島東海岸のマリンタウン東浜地区(与那原町、西原町)に決定したと発表した。施設は多目的ホールや展示場などを備え、最大2万人を収容できる。東京五輪開催や、那覇空港第2滑走路が完成する予定の2020年の供用開始を目指す。

 MICE施設の候補地として与那原・西原町に加え、豊見城市、那覇市、浦添市、宜野湾市が誘致に名乗りを上げていた。県は最終候補地をマリンタウン地区と豊見城市豊崎の2地区に絞り込み、検討していた。