沖縄県名護市議会定例会の一般質問で20日、辺野古新基地阻止の公約の達成度を問われた稲嶺進市長は「いろんな作業が始まっているのは認めざるを得ないが、公約が破綻しているということは全くない。揺るぎない信念で(計画を)白紙に持っていく」と述べた。渡具知武豊氏への答弁。

稲嶺進氏(左)と渡具知武豊氏

 渡具知氏は「市長は基地問題に終止符を打つと言うが、現状は止めることができていない」と公約の実現性を追及。それに対し稲嶺市長は「市民、県民の声を無視して工事を強行している状況がまず許されないこと」と強調。米国のジュゴン訴訟判決を踏まえ「外国の法律、視点も含めて阻止の方策としたい」などと述べた。

 市長権限に関して仲宗根勤総務部参事は「現時点で市の許可が必要な手続きは辺野古漁港の使用のみ」とし、美謝川の切り替えについては「市との協議で足りることになっている」と答弁した。