憲法改正論議が迷走している。その原因は、一にも二にも、時々の政治状況によって二転三転する安倍晋三首相の言動にある。 歴代の総理で安倍氏ほど、憲法改正への強い意思を示し続けてきた首相はいない。