米軍嘉手納基地を離陸した海軍第1偵察哨戒航空団のP3C哨戒機が20日、沖縄周辺海上で訓練飛行中に、重さ4・5キロのワイヤアンテナを落としていたことが22日分かった。沖縄防衛局は21日夕、県や周辺市町村に伝えた。米軍機による部品落下事故はことし7件目、昨年からの2年間で17件目と相次いでいる。