【東京】名護市辺野古への新基地建設反対を訴え、国会を包囲する「首都圏アクションヒューマンチェーン」が24日、国会議事堂周辺で実施される。沖縄一坪反戦地主会関東ブロックなどが主催する。

 包囲行動は午後3時10分と同25分に2回実施。包囲に先立ち午後2時からは国会周辺の4カ所で集会も開く。

 17日の県民大会で共同代表を務めた稲嶺進名護市長、大城紀夫連合沖縄会長らも登壇し、新基地建設反対を訴える。

 また、稲嶺氏ら共同代表は25日に外務省と防衛省などを訪れ、「普天間飛行場の閉鎖・撤去、新基地建設と県内移設の断念」を求める大会決議を手渡す。防衛省では中谷元・防衛相が面会する。