東西冷戦下、核戦争を防いだとされる旧ソ連の軍人が77歳で死去したことを、米メディアなどが伝えている

▼スタニスラフ・ペトロフ中佐(当時)は、米軍の核攻撃を警戒していた1983年9月26日、5発のミサイルが発射された警報を確認。しかし、人工衛星監視システムの誤作動を疑い、上官へは報告せず「報復攻撃」を回避した

▼ソ連軍が領空侵犯した大韓航空機を撃墜し、下院議員ら米国人63人を含む乗客乗員269人全員が、犠牲になった直後のことだ。中佐が規定通り伝達していれば、米ソ全面核戦争に発展する恐れがあったという

▼米軍統治下の沖縄で59年、核弾頭搭載のミサイルを兵士が操作を誤り、那覇の沖合に発射していたことがNHKの報道で明らかになった。広島の原爆と同規模で「爆発していたら那覇が吹き飛んでいた」と当時の整備兵が証言している

▼ソ連軍上層部は、ミサイル防衛システムの欠陥を認めたくなかったため、ペトロフ中佐は、服務規定違反に問われ左遷。米軍は沖縄の核兵器事故は「アメリカの国際的地位を脅かす」として隠蔽(いんぺい)した

▼19日、トランプ米大統領は国連の演説で「北朝鮮を完全に破壊するしか選択肢がなくなる」と警告。これまでにない強い言葉を使った。偶発的な出来事が、予期せぬ衝突につながる可能性はゼロではない。(知念清張)