R&Bやヒップホップなどの要素を含んだアメリカムードたっぷりの音楽を表現する安室奈美恵さんは、本土の人が復帰前後から抱き続けている沖縄イメージと合致していた。それが全国で受け入れられた大きな要因の一つだろう。過去の南沙織さんの人気と同様に、エキゾチックな魅力が受け入れられたと思う。