那覇市は20日夜、架け替え工事が長期化している久美橋(那覇市久茂地)の住民向け説明会を市役所で開き、橋本体の工事を終える9月末から供用を始める予定を説明した。仮設の人道橋撤去や護岸工事、国道58号側の歩道工事などは10月以降も続ける。

9月末の供用開始に向けて、橋や道路の工事が進む久美橋=20日、那覇市久茂地

 道路建設課の仲間好彦課長は「長期間、ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と陳謝し、残りの工事への理解を求めた。

 説明会では工事の経緯や長期化理由を説明。参加した市民からは「これ以上工事が延びないでほしい」などの要望が出たほか、工事情報や進捗(しんちょく)状況のホームページ上での公開を求める意見があった。

 橋本体の工事は現在、終盤に入っており、58号側の道路では夜間交通規制(午後11時ごろ~翌日午前5時半)し、道路のかさ上げ工事を進めている。供用後も続く護岸工事などは10月中に終わる予定で、交通規制なども最小限にとどめるという。