1946年5月26日、一通のしまくとぅばのメッセージが沖縄に届いた。疎開先の九州で結成された沖縄人連盟九州本部によるものだ。故・宮里栄輝会長らが作った文面は「沖縄や大和の無理な戦引起ちゃる為に」で始まる。帰郷のめども立たないが、沖縄の人々を案じ、一日も早く古里の復興にともにまい進したいという内容だ。