沖縄大は、二回までに3点を挙げる先行逃げ切りで、31年ぶりの決勝進出を決めた。 絶対的エースの山城翼は初戦から3日連続の先発マウンド。1回戦と準々決勝は、打線の援護が計3点と少ない中で、連続完投と踏ん張ってきた。