台湾の魅力を発信する「美麗宝島との出会い『台湾フェア』2017in沖縄~まるごと台湾鉄道の旅・観光・物産・グルメ~」(主催・台湾観光局、台湾観光協会大阪事務所、琉球台湾商工協会、沖縄タイムス社)が21日午前、那覇市久茂地のタイムスビルで開幕した。本場の台湾料理を販売するほか、台湾北東部にある宜蘭県の特産品展示、観光写真展がある。23日まで。

お茶の試飲を楽しみ、お気に入りの茶葉を買い求める来場者ら=21日午前11時すぎ、那覇市久茂地・タイムスビル

台湾フェアのオープニングでテープカットする関係者=21日午前11時、那覇市久茂地・タイムスビル

お茶の試飲を楽しみ、お気に入りの茶葉を買い求める来場者ら=21日午前11時すぎ、那覇市久茂地・タイムスビル 台湾フェアのオープニングでテープカットする関係者=21日午前11時、那覇市久茂地・タイムスビル

 同商工協会の呉啓源会長は「台湾と沖縄の交流をさらに深めるきっかけになれば」と期待。同事務所の王紹旬所長は「台湾の魅力に触れて、ぜひ台湾を訪れてほしい」と話した。

 宜蘭県の物産展では伝統工芸のドラや陶器などが並び、台湾夜市をイメージした屋台ではルーローファン(豚バラ煮込み丼)、台湾豚まんなどを提供している。

 開催時間は午前11時から午後8時まで。23日のみ午後7時まで。