2017年(平成29年) 12月16日

沖縄タイムス+プラス ニュース

富川副知事「強い憤り」 降下訓練で外務、防衛省に抗議

 在沖米空軍が嘉手納基地でパラシュート降下訓練を実施した問題で、沖縄県の富川盛武副知事は21日午後、県庁に沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長と外務省沖縄事務所の川田司大使を呼び、抗議した。

米軍MC130特殊作戦支援機から飛び降りた米兵が、パラシュートで降下訓練をする=21日午前7時33分、嘉手納基地

富川盛武副知事

米軍MC130特殊作戦支援機から飛び降りた米兵が、パラシュートで降下訓練をする=21日午前7時33分、嘉手納基地 富川盛武副知事

 富川氏は、訓練の強行は基地負担軽減を掲げた日米特別行動委員会(SACO)最終報告や地域住民を軽視するもので「強い憤りを禁じ得ない」と批判。県民の米軍への不信感はこれまでになく高まっていると指摘し、「今後の嘉手納飛行場の使用や、日本の安全保障体制に影響を与えることを危惧する」と非難した。

 中嶋氏と川田氏はともに「遺憾」との認識を示した上で、引き続き米側へSACOの順守を求めていく考えを伝えた。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間