スイス・ジュネーブで開催中の国連人権理事会で、国際NGO「反差別国際運動(IMADR)」の小松泰介事務局次長は19日、「辺野古新基地建設への平和的抗議行動に対し規制が一層激しくなっている」と日本政府を批判する声明を発表した。