名護市辺野古の新基地建設に反対する「首都圏アクション国会包囲ヒューマンチェーン」が24日、東京・国会議事堂周辺で実施され1万5千人(主催者発表)の市民が参加、国会を囲み、安倍晋三政権に新基地建設の断念、米軍普天間飛行場の閉鎖・撤去と県内移設断念を要求した。5月17日に3万5千人が参加した沖縄県民大会の共同代表らも参加し、辺野古反対の民意を聞くようシュプレヒコールを上げた。

メッセージボードを掲げ辺野古新基地反対を訴える市民ら=24日、国会議事堂前

 国会周辺では4カ所のエリアで午後2時から県民大会の共同代表や県選出国会議員、有識者、本土の市民団体の代表などがリレー演説。同3時過ぎに国会包囲に成功し「普天間飛行場の閉鎖・撤去と辺野古新基地撤回を実現するまで、沖縄県民とともに闘う」と誓うアピール文を採択した。

 ヒューマンチェーンの実行委員会は25日に首相官邸前で首相あてにアピール文を提出する。