「最低限の力で最大限の力を出すように動く。やるごとに奥の深さが分かる」と魅力を話す。 郵便局に勤務していた十六、七年前、中国から来ていた著名な太極拳の先生の元に足を運び、興味半分で始めたのがきっかけ。退職してから本格的に取り組み始め、現在は週3回の練習に励む。