【金武】秋の彼岸の時季に咲く「ヒガンバナ」(ヒガンバナ科)が、金武観音寺境内入り口近くで花を咲かせている。 多年草で別名が「天国の花」を意味する「マンジュシャゲ」。方言名は「シビリンチャー」や「ボージビラ」「トービラ」など県内各地でさまざまな呼び名がある。