中曽根康弘元首相の孫で、弘文元外相の長男康隆氏(35)は21日、次期衆院選で群馬1区から立候補する意向を表明した。自民党からの出馬を目指す。群馬1区は現職の佐田玄一郎元行政改革担当相がいるほか、他にも出馬の動きがあり、保守3分裂の可能性がある。

 次期衆院選に群馬1区からの立候補を表明し、記者会見する中曽根康隆氏=21日午後、群馬県庁

 群馬県庁で記者会見した康隆氏は「自民党の国会議員として、群馬から羽ばたきたい」と強調。公認を得られない場合も「不退転の覚悟で挑むことには変わりない」と述べ、無所属での出馬も辞さない決意を示した。(共同通信)