桑原寛次は「経験がない」という変則コースをバイク4位、ラン1位で、2連覇を飾った。 昨年4月、トライアスロンを続けることに疑問を感じ、引退を考えた。練習のない日々は仲間との関わりもなくなり、物足りなさが募った。 「やはりトライアスロンが好きだ」と一念発起し、1月から練習を再開。