2年ぶりの開催となった「石垣島トライアスロン2015」は24日、石垣市中央運動公園を主会場に開かれた。荒天のためスイムは中止となったが、選手は曇り空の下、バイクとランで完全燃焼。家族や友人たちと手を取り合ってゴールテープを切る姿も見られた。沿道では、走りを後押しする声援や太鼓の音が響いた。