衆院解散の可能性が報じられた直後の19日、維新県総支部は緊急会議を開き、儀間光男代表がげきを飛ばした。