性的少数者(LGBT)が生きやすい社会の実現を願う人たちがピンク色のものを身に着けて集まるイベント「ピンクドット沖縄2017」(主催・同実行委員会)が23日午前11時から午後5時まで、那覇市国際通りのてんぶす那覇ビル前広場で開かれる。ゲストにダンスボーカルグループ「MAX」やタレントの山咲トオルさんらを迎え、トークショーやピンクカーペットのランウェイなどが催される。

ピンクドット沖縄2017への参加を呼び掛ける(左から)同大使の高倉直久さん、丸川潔・JTA社長、渡部勝磨・JAL沖縄支店長=21日、那覇市・JTA本社

 5回目の開催で、賛同する企業・団体は昨年の約3倍、過去最多の69に上る。那覇市、浦添市、沖縄市、恩納村が共催・後援するなど、自治体にも共感の輪が広がっている。

 共催のホテルパームロイヤルNAHA総支配人でピンクドット沖縄大使の高倉直久さんは「気軽にイベントに参加し、性的少数者への理解促進につなげてほしい」と期待。特別協賛のJTAの丸川潔社長は「あらゆるものを受容する沖縄の温かさを共有し、心の壁を取り払って全ての人が集まれるイベントにしたい」、JALの渡部勝磨沖縄支店長は「時間を共有するだけでも感じるものがあると思う。ピンクのものを身に着けて足を運んでほしい」と呼び掛けている。