米軍北部訓練場が隣り合う沖縄本島北部やんばる地域の世界自然遺産登録に向け、ジュゴン保護キャンペーンセンターの海勢頭豊代表らは20日、県庁を訪れ、米軍と遺産候補地の保全管理について話し合うよう求めた。管理計画で訓練場の存在を考慮していない現行の推薦書は、世界遺産条約に反すると指摘。