在日米軍が、県や日本政府からの再三の中止要請を無視し、嘉手納基地でのパラシュート降下訓練を強行したことは、国内で日本政府が米軍を制御できない現実を突きつけたといえる。日本の最も高いレベルの政治交渉で、たった1つの訓練を止められない現実を、日本政府は重く受け止めなければいけない。