裏社会を扱った映画は、現実では体験できない悪と危険に満ちあふれた世界を体感させてくれる。けれど、この映画で描かれる裏社会の話は物語の中だけでは収まらない。リアルな現実が胸を突き刺す衝撃を帯びた1本。

「ローサは密告された」の一場面

 舞台は麻薬密売が横行するフィリピンマニラのスラム街。麻薬撲滅を高らかに宣言し、世界の注目を集めるデュテルテ大統領の強引な政治の裏で必死で生きる貧しい国民たちの姿が描かれる。

 雑貨店を営むローサは生活のため、麻薬の密売もしていた。ある日密告され、逮捕される。保釈を餌に多額の現金を要求する警官たち。保釈されなければ死を待つのみ。法律は弱者を守ってはくれない。激しく変動する政治の波の中で力を持たぬ者たちが置き去りにされていく。彼らの不満や怒り、恐怖、声にならない声が映像として迫ってくる。(桜坂劇場・下地久美子)

 ◇桜坂劇場で上映中