○…就任後初の強い台風を経験した沖縄気象台の矢野敏彦台長。台風18号は宮古島市では「50年に1度の大雨」をもたらした。気象庁は地域の気象防災を推進する目的で、気象台長と各市町村長が直線電話でやりとりできる関係の構築を推進。