【東京】24日に国会議事堂周辺で行われた名護市辺野古の新基地建設に反対する「首都圏アクション国会包囲ヒューマンチェーン」の実行委員会は25日、内閣府へ辺野古移設断念を求める安倍晋三首相宛ての要請書を提出した。

新基地建設を強行する安倍政権へ抗議する国会包囲行動の参加者ら=25日、東京・永田町の首相官邸前

 提出に合わせ、実行委は首相官邸前で新基地建設を強行する安倍政権への抗議集会を開催した。

 包囲行動を主催したピースボートの野平晋作共同代表は「昨年の選挙や3万5千人が集まった県民大会で新基地反対の民意は明らかになった」と強調。「本土でも反対の声を上げれば政府を動かすことができる。今後も行動を広げ、沖縄を上回る人数で結集しよう」と呼び掛けた。

 抗議集会には約150人が参加。「辺野古新基地建設NO」と書かれたメッセージボードを掲げ、「政府は沖縄の声を聞け」「新基地建設は許さない」とシュプレヒコールを上げた。